揮発性のメモ2

http://d.hatena.ne.jp/iww/

hoge

snmptrapdが渡してくる標準出力

snmptrapd.conf

こういう行を追加

traphandle .1.3.6.1.4.1.99999.50.0.4 /usr/local/bin/traptest

ベンダ固有トラップOIDと、着信時に起動したいコマンドを書く。
(ベンダID 99999.50 のオレオレトラップ 4番)
これをを着信したら traptest を起動して、その標準入力に情報を垂れ流す。


トラップOIDのところにワイルドカードが使えるバージョンもあるらしいが、5.1.2だと使えなかった。

起動

snmptrapd -f -Le -On

Onは OIDを名前にしないオプション
使わないと、標準出力への出力内容が MIBファイルにしたがって翻訳されてしまう


snmptrap -v1 -m '' -c public 192.168.0.80:162   \
    .1.3.6.1.4.1.99999.50 '' 6 4 ''             \
    .1.3.6.1.4.1.99999.50.1 s "HOGEHOGE"        \
    .1.3.6.1.4.1.99999.50.2 i 0

出力

traptestの標準入力に来る文字列

192.168.0.80
192.168.0.80
.1.3.6.1.2.1.1.3.0 14:23:41:56.19
.1.3.6.1.6.3.1.1.4.1.0 .1.3.6.1.4.1.99999.50.0.4
.1.3.6.1.4.1.99999.50.1 "HOGEHOGE"
.1.3.6.1.4.1.99999.50.2 0
.1.3.6.1.6.3.18.1.3.0 192.168.0.80
.1.3.6.1.6.3.18.1.4.0 "public"
1 送信元ホスト名 192.168.0.80
2 送信元IP 192.168.0.80
3 アップタイム .1.3.6.1.2.1.1.3.0 14:23:41:56.19
4 トラップOID .1.3.6.1.6.3.1.1.4.1.0 .1.3.6.1.4.1.99999.50.0.4
5 値その1 .1.3.6.1.4.1.99999.50.1 "HOGEHOGE"
6 値その2 .1.3.6.1.4.1.99999.50.2 0
7 送信元IP .1.3.6.1.6.3.18.1.3.0 192.168.0.80
8 コミュニティ .1.3.6.1.6.3.18.1.4.0 "public"