揮発性のメモ2

知識をメモ書きしておく

coLinuxで設定ファイルを使う方法

"C:\Program Files\coLinux\colinux-daemon.exe" -t nt kernel=vmlinux mem=256 hda1=c:\coLinux\hoge.bin root=/dev/hda1 eth0=tuntap,TAP,"00:11:22:33:44:55"

コマンドライン引数がそろそろ長くなってきたので設定ファイルに置き換える。

準備

D:\colinux\hoge を作成
rootfs.bin,swap.binをここに移動。ついでにvmlinuxファイルもここにコピー。vmlinux-0.7.3とかサフィックスをつけておく。

hoge.conf

kernel=vmlinux-0.7.3

root=/dev/hda1
ro
#initrd=initrd.gz
mem=256

hda1=rootfs.bin
hda2=swap.bin

eth0=tuntap,TAP,"00:11:22:33:44:55"
#ttys0=COM1,"BAUD=115200 PARITY=n DATA=8 STOP=1 dtr=on rts=on"

colinux-hoge へのショートカット

次のように作成する

リンク先 "C:\Program Files\coLinux\colinux-daemon.exe" -t nt @hoge.conf
作業フォルダ D:\colinux\hoge