揮発性のメモ2

知識をメモ書きしておく

PEAR::Mail_Queue

送信したいメールをキューに積んで、あとでまとめて送信できるライブラリ。
あるプロセスからDBにメールを積み、別のプロセスがそれを読んでメール送信する
ということを実現するクラス。


PEAR::Mailを使って送信する。キューにはデータベースを使用する。
データベースへのアクセスには、同じくPEARMDB2モジュールなどが使われる。
(=キューの初期設定にMDB2用の設定が必要)
あと、PEAR::Mail用の設定が必要。

PEAR::Mail

メールを送信するライブラリ

  • mail()を使う
  • sendmailコマンドを呼ぶ
  • SMTPを直接叩く

のどれかを選択できる。
SMTPを直接叩くを選ぶと、SMTPサーバとの接続を切らずに連続送信することも出来るっぽいので大量連続送信に使える。はず。